« 台風接近中! | トップページ | 茄子とピーマンは・・・・ »

2016年8月26日 (金)

JAS検査の畳表の必要性??

公共(各役所管轄)の畳工事に対しては

規格統一と不正の防止のために 

畳表はJASの検査合格表を使用します

(畳床はJIS規格認定工場で造られたJIS製品)

今回の仕事は こちらを使用

Img_4762

中国製の畳表にも JASの認定が下ります

でもね、合格品にささくれ

Img_4755


Img_4757

天然藺草ですので 藺草を織ってる時に

藺草が途中で切れてしまうことがあります

これらは、切れたときにできる ささくれです

通常は、表生産者が綺麗に処理をします

処理しきれないものは 畳屋が最終処理をします

綺麗な状態でお客様に納めます

しかし!!

検査料が無料なら解ります!!

検査合格品ですから、そのまま使用しても良いのかな

公共関連の畳表使う仕事は、

約200万枚と思いますが(最近の統計は、調べてないです)

検査料で掛け算してください  

 

ぼやいても、仕方ないので、処理して綺麗な状態にして納品しました

Img_4770

公共のホールの楽屋です

Img_4771


低予算で、規格品指定です・・・・・・

« 台風接近中! | トップページ | 茄子とピーマンは・・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502808/64111730

この記事へのトラックバック一覧です: JAS検査の畳表の必要性??:

« 台風接近中! | トップページ | 茄子とピーマンは・・・・ »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

楽天