« 宮ヶ瀬湖にイルミネーション | トップページ | 大人のカルピス? »

2011年12月 7日 (水)

千円弱と震度5弱

年齢!年代によって解釈の違い!

千円弱一万円弱

弱の使い方が違うのが解りました・・・・・

お買いものに

『千円弱だからハイ、千円!』

『千円弱なんでしょ千円じゃ足りない!』

今の子どもらは、千円より上の金額を弱って言うのですね

千二百円位までを、ですって

千円強は千五百円以上って

それって、やっぱし震度の基準が、今の子どもに

そんな感覚を植え込んだのかな

震度5弱、震度5強

どちらも震度5の中での分け方ですからね

千円弱と千円強は

千円に足りないのと、ちょい出るのとで

千円ぴったしを挟んでの攻防なのにね

使い方ももう変わり始めてるから、そうなっちゃうのかな

 

『やばい』と同じようになるのかな

『この使い方、やばくない!!』

 

 

 

ランキングに参加中です 

ぽっちと押して下さいね!

にほんブログ村 住まいブログ 建具・表具・畳へ

 

 

 

« 宮ヶ瀬湖にイルミネーション | トップページ | 大人のカルピス? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

え!そうなんだ?
だんだん、話が合わなくなってくるんだねぇ~

比較的若い人のつぶやきをチェックすると
わからないことが多い、ジェネレーションギャップだなぁ~

kohyouさんへ
昔からの言葉も、どんどん変化してますよね
『気が置けない』もそうですし
『気が置けないやつだから嫌い!』なんて普通に使ってるしね

日本語も変化してきてるんでしょうね
あえて使いましょうか!古い言葉を
面白いかも!

正しい?言葉使いの若者に合うと
 なんだかホッとします。
 爺より

totoさんへ
日本語って、単純な母音なのに、でも難しいですね
日本人でも漢字の意味理解できてなかったりと
難しいから簡素化したしたくなるのかもね
あtこれとか

一分=十分の一 それに時間の事(それも六十分の一こと)

totoさんへ
日本語って、単純な母音なのに、でも難しいですね
日本人でも漢字の意味理解できてなかったりと
難しいから簡素化したしたくなるのかもね
あtこれとか

一分=十分の一 それに時間の事(それも六十分の一こと)

毎度!
確かに・・・
普通の日本人の感覚で言えば
お金の弱=未満だと思いますね・・
なんか最近、日本語おかしくなってるような気がしますね。

酒恋倭人さんへ
昨日TVでやってました
準備の使い方も今の子はおかしいってね
地震対して準備するそうです
いつ来るのかわからないのは備えなんですよね

やっぱしおかしくなってきてるよね
って私もおかしな日本語使ってるかも・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502808/53424243

この記事へのトラックバック一覧です: 千円弱と震度5弱:

« 宮ヶ瀬湖にイルミネーション | トップページ | 大人のカルピス? »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

楽天