« 小宮町アートフェスタ 4回目 | トップページ | 御爺さんは山に芝刈りに »

2011年10月27日 (木)

新しい感覚の掘り炬燵のお部屋

今朝は寒いですね

やっと秋本番になった感じです

脂肪を蓄えて冬に備えなくっちゃって!身体が訴えてきてます

揚げ物の食事が無性に食べたくなってます

わたしゃ、熊っか!!

そしてよく眠るsleepysleepy

 

ここ何日間の仕事は

Dsc_0983

サイズの小さいのを仕上げてました

小さい、小さいけど一畳には変わりません

サイズ的には、丈が通常より60センチ小さいです

本日5棟敷きこんできました

Dsc_0986

堀炬燵の和室です

Dsc_0987

石版タイル貼りのリビングの横に

畳スペースとしてあります

(すべすべの床とマッチグしてますね)

お部屋の真ん中に、4尺のお炬がピッタリにはまってます

この様な炬燵のお部屋の施工は、私も初めての施工

担当の大工さんも、このような施工は初めてって言ってましたね

普通の6畳間に4尺の炬燵とは

一味違ったかんじで良いかもね

設計でデザイナーさんの感覚!良いかもです

でも・・・・・

畳屋としては、意外と施工時間が係りますし・・・

切れ端の産廃が大量に出るので

考えなくっちゃいけない点も多々

 

新しい和室のデザイン考えてみる

皆さんもどうですか!!

 

 

 

ランキングに参加中です 

ぽっちと押して下さいね!

にほんブログ村 住まいブログ 建具・表具・畳へ

« 小宮町アートフェスタ 4回目 | トップページ | 御爺さんは山に芝刈りに »

」カテゴリの記事

コメント

なかなか良い感じに仕上がっていますね

そうか、ここ数日更新が止まっていましたが

ちょっと心配しました。

ポッチとしておきました

へーすけさん、冬眠(笑)??
その前に美味しいモノたくさん食べて飲んでくださいね♪

掘り炬燵ステキっ♪
新しい感覚だけど、畳っていう伝統っていうかそういうのを残していくって
素晴らしい事ですよね。
それにしてもとってもオシャレなお宅ですねぇ!

畳だけみると何とも思わなかったけど、掘り炬燵ですかぁ~~

いいね!
久しぶりに、日曜日にビフォォ~アフターを拝見したけど
縁なしの和紙っぽかったけど、掘り炬燵でしたね。

よしださんへ
更新が途絶えてたのは忙しいからではありませんよ
ただ、ネタが無かっただけです
部屋総丈が2尺4寸詰まってます
幅も6寸詰まってる部屋に4尺の炬燵って思いましたが
出来上がると悪く感じませんでしたね

juntak29さんへ
熊ですからそろそろ冬眠の準備始まます
昔は、一月は仕事もしないで、雪山に籠ってました
スキー三昧な時もほんと在りましたけどね
今じゃ冬眠できません

小さいお部屋に大きな炬燵を作るって
今までは無かったですね
やっぱし若いデザイナーさんは、感覚が違いますね

はっしゃんさんへ
また、堀炬燵のブームが来てくれると、良いのですがね
でも、
畳の流行は未だに縁無しが支持されてます
天然藺草で堀炬燵にすると
一年後にクレームの元だからじゃないからかな

わが家のリビングも掘り炬燵です。
 板の間ですけど・・・ (汗)
 酔ってそのままゴロリとうたた寝、最高です (笑)

totoさんへ
堀に足後下げて温まると
体中が温かくなりますよね
そこで温かいお酒できゅ~~といって
うたた寝・・・・・最高なひと時ですね
風邪には、用心ですが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502808/53093385

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい感覚の掘り炬燵のお部屋:

« 小宮町アートフェスタ 4回目 | トップページ | 御爺さんは山に芝刈りに »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

楽天